加齢臭予防

加齢臭の原因

加齢臭の原因はノネナール
近年、よく聞くようになった言葉に「加齢臭」があります。これはその漢字が示す通り、人間が年齢を経るごとに発生する、ミドル世代以降の体臭を表わす言葉です。

 

最近まで話題にならなかったのは、加齢臭がワキ臭などに比べてそれほど強烈な臭いではない事と、ボディケア製品メーカーが、加齢臭に特化した商品を次々と発売するようになって来たからです。

 

 

人体には、肌の乾燥を防ぐため、皮脂を出す皮脂腺という部位があります。齢を重ねていくと皮脂が酸化して、パルミトオレイン酸という脂肪酸が増えていきます。同じ頃に過酸化脂質という物質も増えていきます。

 

この二つが結びつき分解・酸化することによって生まれるのがノネナールです。サラサラの汗をかくエクリン腺やワキ臭の元になるアポクリン腺ではなく、アブラを出す皮脂腺の中で起こる反応が加齢臭の原因になるのです。

 

ノネナールは男女に関係なく発生する
マスコミで加齢臭が扱われるようになってから、加齢臭は「オヤジ臭いニオイ」という固定概念が広く出来上がりましたが、ノネナールが生成されるシステムは男女に違いはないので、女性も加齢臭に注意しなければなりません。皮脂も酸化しなければ臭いません。しかし脂肪酸と過酸化脂質が反応すると、男女関係なく臭いが発生するのです。

 

一般に女性の方が、毎日同じ服を着ることはなく、化粧水やコロンなどを使用し、肌に対してケアする機会が多いため、加齢臭が男性に比べて目立ちません。それでも人体のメカニズムは同じなので、女性も加齢臭ケアを積極的にすべきなのです。

加齢臭はどんな臭いか?

 

加齢臭の原因となっているノネナールとはどんな臭いなのでしょうか。一般的にロウソクや古本の臭い、ブルーチーズのような臭いと言われています。そのため加齢臭自体は、鼻が曲がるようなイヤな臭いではありません。

 

老人福祉施設に行くと、室内がそのような臭いのことがありますが、悪臭とまでは言えません。しかし、現代人は食習慣やその他の原因によって、違う臭いも発生させています。一言に加齢臭と言っても、それだけではない体臭が関係していることが多いのです。

 

ニオイに敏感な現代社会
昔の日本は三世代同居が当たり前で、身近に加齢臭がありました。近くにある臭いで、さほど気にしなかったり慣れていた臭いが、核家族化、清潔志向の強まりによって気にされるようになってきたのです。現代人の臭いに対する敏感さは「スメルハラスメント」という言葉からも分かる通り、異常なほど気にする社会になっているのです。

 

ノネナールの他に、汗の中に含まれる乳酸が分解してできたジアゼチルという物質がミドル脂臭と言われ、時間が経って白くなった排油のような臭いを発生させます。ノネナールが主に40代から発生するのに対し、ジアゼチルは20代後半から発生し、40歳ごろにピークを迎えます。この二つの成分がまじりあうと不快な加齢臭になりますので適切なケアが必要になります。

女性の加齢臭が発生する部位

加齢臭を発生させるのは以下の場所

 

  • 頭皮
  • 耳たぶの後ろ周辺
  • うなじ付近
  • 肩や肩甲骨あたり
  • 手のひら

 

脇の下や、足の裏などは、汗をかきやすく、自分でも臭いが分かるので意識的に気にしますが、上記の箇所も臭いがないか、定期的にセルフチェックしてみましょう。

加齢臭を増加させる原因

生活習慣の影響
女性の加齢臭は、生活習慣と関係が深いことが分かっています。年齢を経ても、不規則でかたよった食生活をしていると、悪玉コレステロールが増えるのと同じように、皮脂腺内部にも脂肪分が増加してしまいます。そうすると、ノネナールの量も増加します。生活習慣病になりがちな生活をしていると、加齢臭も増加しやすいのです。

 

ストレスとの関係
人間はストレスを感じると、体内の活性酸素が増えます。ノネナールは、脂質が酸化してできる物質なので、ストレスで体の中に活性酸素が増えると、過酸化脂質も同時に増え、加齢臭も増加します。そのため加齢臭を減らしたい場合、ストレスを軽減させることも大切です。

 

サプリメントの活用
それでも、職場環境など、自分では変えられない部分が多いものです。そのような環境で加齢臭を減らしたい場合、内側からの対策として、加齢臭対策サプリメントの使用も検討しましょう。多くの体臭対策サプリがあるなかで、当サイトがレビューなどを分析して効果が高いと判断したのが「デオフレッシュ」というサプリメントです。1日2粒で効果があるので、体臭で悩んでいる人は検討してもよいかもしれません。

 

>デオフレッシュの公式情報はこちら

 

食生活で加齢臭対策

なるべく避けたい食べ物
ノネナールが作られるのにパルミトオレイン酸が深くかかわっていますが、その元となるのは、肉類、マヨネーズ、バターなど、脂質が多いものです。これらの摂取を控えめにし、脂質の原料になるものを体内に蓄積しないようにしましょう。

 

 

なるべく取り入れたいもの
活性酸素を減少させるビタミンCやEを野菜や果物から積極的に摂取しましよう。抗酸化食品を取り入れることによって、酸化のダメージを防げます。例をあげると、緑茶のカテキン、ゴマのセサミノール、赤ワインに含まれるポリフェノール、大豆に含まれるイソフラボンがあります。

 

さらに体の抗酸化力を高めるには、鉄、マグネシウム、亜鉛といったミネラル類も大切な抗酸化栄養素です。これらのミネラルは、ナッツ類に多く含まれています。カレーに含まれるターメリックやワサビ、しょうがなどのスパイス原料も抗酸化作用があります。料理に上手に活用しましょう。

 

更年期の体臭対策

女性ホルモンと汗腺
女性が更年期を迎えると、肩こりなどの体の不調に加え、汗がたくさん出てしまうという症状があります。これは年齢と共に女性ホルモンが低下するために起こる症状ですが、女性ホルモンには汗腺をコントロールする働きがあり、これが乱れることによって多汗になったり、体温調節が効かなくなることがあります。

 

加えて、更年期特有の精神の不安定さからくるイライラや不快感は、発汗調整機能に影響し、汗を多く出してしまいます。この時期は40代半ばから50代半ばまでの期間ですが、更年期の時期の汗は顔や首、胸などに多くでて、べたべたした濃い汗です。ニオイもあるので、何とか対策したいものです。

 

更年期は自分の意志とは関係なく働く、自律神経に影響しますが、発汗も自律神経がコントロールしている機能なので、ホルモンバランスの乱れによる自律神経の乱れは、体臭の原因となる発汗を促してしまいます。特に環境が暑くもないのに汗をかくので、この時期は特に内部からのケアが重要になります。

 

 

 

大事なのは体内部からのケア
人は汗をかくと、対処療法的に対策しがちですが、根本的に体臭を抑えるには、体内部から対策することが大切です。一例として、マッシュルームが原料のシャンピニオンエキスは、体が発する臭いを抑える効果があります。柿渋が原料のカキタンニンは、毛穴からでる体臭を抑制します。緑茶が原料の茶カテキンも消臭効果が高いことで知られています。

 

このような成分を食品からとれれば良いのですが、自然の食物には微量に含まれている成分であるため、忙しい毎日を送っていると、決まった食品を大量に摂取するわけにもいきません。そうしたときは、サプリメント類によって効率的に消臭成分を取り入れたいものです。「デオフレッシュ」には、女性の加齢臭に効く自然成分が凝縮されていますので、手軽に内部からの消臭ケアが可能です。

 

>デオフレッシュの公式情報はこちら